Windows 7 における Emacs のセットアップ作業のメモ

Windows 7 Professional 64bit 搭載マシンに emacs for gnupack をセットアップする手順を自分のためにメモ。

gnupack (グヌーパック) は、Windows 上で cygwin (シグウィン) と emacs (イーマックス) が即座に使える環境を提供するというパッケージです。そのうち、emacs は独立にバイナリの形での配布もされており、それが emacs for gnupack です。GNU Emacs を Windows 上で動作するようにビルドしたもので、IME パッチが適用済みです。

環境変数 HOME の設定

いわゆる「ホームディレクトリ」の場所を、emacs for gnupack をインストールする前に設定します。

ユーザー環境変数 HOME を作成し、ユーザープロファイルフォルダのパス (C:\Users\[ユーザー名]) を HOME の値として設定します。Windows 7 では、環境変数 USERPROFILE がユーザープロファイルフォルダのパスを値として保持しています。

設定の具体的な手順は以下の通り:

  1. 「システムのプロパティ」ダイアログを開く:[スタート]→[コントロールパネル]→[システムとセキュリティ]→[システム]→[システムの詳細設定]
  2. 「環境変数」ダイアログを開く:「詳細設定」タブ→「環境変数」ボタン
  3. ユーザー環境変数の「新規」ボタンをクリック。
  4. 「新しいユーザー変数」ダイアログが表示されるので、以下のように入力:
    • 変数名:HOME
    • 変数値:%USERPROFILE%
    入力したら、「OK」ボタンをクリック。
  5. 「環境変数」ダイアログの「OK」ボタンをクリック。
  6. 「システムのプロパティ」ダイアログの「OK」ボタンをクリック。

emacs for gnupack の入手とインストール

emacs for gnupack は以下のリンク先から入手できます:

SourceForge.JP:gnupack (cygwn + emacs package) プロジェクト

emacs-24.3-20130503.exe (現時点での最新版) をダウンロードします。これは自己解凍形式の圧縮ファイルです。

ダウンロードが終了したら、emacs-24.3-20130503.exe をダブルクリックして実行します。すると、「emacs-24.3-20130503」という名前のフォルダができます。その名前を「emacs」に変更し、フォルダごと C ドライブの直下に移動します。

初期設定ファイルの作成

C:\emacs\bin の中の runemacs.exe をダブルクリックすると、Emacs が起動します。ここではいったん終了します。このとき、ユーザープロファイルフォルダ (C:\Users\[ユーザー名]) を見ると、「.emacs.d」という名前のフォルダが作成されているはずです。

※ エクスプローラで C ドライブの中を見ると「ユーザー」フォルダーがありますが、これは見かけ上の名前で、実際のフォルダ名は「Users」です。
※ 「.emacs.d」フォルダが見つからない場合、環境変数 HOME の設定がうまくいっていない可能性が考えられます。
※ 環境変数 HOME を設定していない場合、%USERPROFILE%\AppData\Roaming の下に「.emacs.d」が作成されます。

.emacs.d フォルダの下に「init.el」という名前のテキストファイルを作成します。このファイルに Emacs の初期設定を記述します。

以下、init.el の内容の例:

;; ファイル新規作成時の文字コードを CP932 にする
(prefer-coding-system 'cp932)

;; ファイル名の文字コードを CP932 にする
(setq default-file-name-coding-system 'cp932)

;; フォントとして MS ゴシック、14 ポイントを使用
(add-to-list 'default-frame-alist
  '(font . "MS ゴシック-14"))

;; バックアップファイルを作らない
(setq backup-inhibited t)

※ init.el を編集したあと、設定を有効にするには Emacs を再起動する必要があります。
※ CP932 は Microsoft による Shift_JIS の独自拡張です。

そのほか、一般的によく使われる設定例が、例えば以下のウェブページで紹介されています:

SourceForge.JP Magazine:Emacs超入門[2] 基本的なカスタマイズ方法と定番カスタマイズ例 5ページ

起動方法

C:\emacs\bin\runemacs.exe をダブルクリックして起動します (必要に応じて、ショートカットを作成しておくとよいでしょう)。

ファイルの新規作成 (あるいは、既存のファイルのオープン) は、C-x C-f ([Ctrl]+[x] のあと [Ctrl]+[f])。そのあと、下段のミニバッファ

Find file: c:/emacs/bin/

の「Find file:」のあとに、編集するテキストファイルのパスを入力し、[Enter] を押します。

既存のテキストファイルは Emacs のウィンドウにドラッグして開くこともできます。さらに、Windows 7 では、以下の方法で新規のテキストファイルを作成して Emacs で編集することができます:

  1. 右クリックメニューの「新規作成」→「テキストドキュメント」でテキストファイルを作成。
  2. 作成したテキストファイルを Emacs のウィンドウにドラッグ。

ファイルの上書き保存は、C-x C-s。

Emacs の終了は、C-x C-c。

コマンドのキャンセルは、C-g。

【theme : プログラミング
【genre : コンピュータ

プロフィール

よしいず

Author:よしいず
MATHEMATICS.PDFというウェブサイトを運営しています。アマゾンにて電子書籍を販売しています。

管理の都合上、トラックバックとコメントはオフにしてあります。ブログ経験者なら分かっていただけると思いますが、スパム(アダルトやその他の宣伝)ばかりなのが現実です。

リンクは自由です。当サイトの記事に対する間違いの指摘・意見・感想などを述べた記事からのリンクは歓迎です。ただし、ブログ記事アップ直後はミスが多く、頻繁に修正します。場合によっては削除する可能性もあります。その際、何も断りもなく修正・削除しますがご了承ください。内容を参考にする場合には投稿後一週間ほど様子を見てからにしてください(笑)。

記事の間違いを指摘するときは、その具体的箇所、理由(仕様に反するなど)・根拠(参考にした文献など)、代替案(同じ結果を得るための正しいやり方)も教えてください。そうしないと、(指摘される側および第三者はその時点では無知の状態なので、)どこが間違いなのか分かりませんし、本当に間違っているのかどうかが判断・検証できません。実際、間違いだと指摘されたことが結局は正しかったというケースもありますので。

このブログのタイトル一覧

リンク
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ